ましゅ公と愉快な呟きたち

ただいまブログデザインを試行錯誤中です。見にくくて申し訳ないのです…

ましゅ公と愉快な呟きたち

一人暮らしの方、野菜ちゃんと摂ってますか? 単身だからこそオススメする、冷凍野菜でバランスの良い食生活を!


どうも、ましゅ公です!

 

一人暮らしの方、野菜摂ってますか?

 

f:id:masyukou:20190818205831p:plain

 

摂っていそうで実は不足している、それが野菜。

 

野菜って、案外摂っているようで摂ってないものなんです。

とくに単身者の場合、野菜を摂取することはあっても「継続的に」摂取することが難しいと思います。また摂取する量も問題で、例えお昼にコンビニの野菜サラダを食べても、グラムでいうと100グラムとかあれば割と大盛りだと思います。ですし、定食屋で野菜炒めを食べても、結局のところまだ足りない。

 

厚生労働省から推奨されている成人の1日あたりの野菜摂取量は合計350グラムです。

 

最近はいろんな外食店が「1日分の野菜が摂れる!」系のメニューを展開してくれていますよね。例えば、お馴染みガストでは1日分の野菜が摂取できるタンメンを販売しています。

 

f:id:masyukou:20190818202506j:plain

1日分の野菜のベジ塩タンメン | 麺類 | ガスト | すかいらーくグループ

(引用:ガストホームページ)

 

野菜、別に食べなくても死にはしません。

ですが、摂らないと身体に様々な不調がおこります。

 

野菜不足が招く不調とは?

 

野菜不足で起こる症状で一番思いあたりそうなものって、まず便秘だと思います!

 

便秘は主に水溶性と不溶性の食物繊維を満遍なく取ることが改善の近道と言われています。水溶性は野菜が、不溶性は穀物ごぼうなどがそれにあたります。

食物繊維は腸内のカスをお掃除してくれる役目を持ちます。

そのカスが、結論としては便の大元となります。

 

便秘って、一様に野菜不足で起こるものではないのですが(緊張やストレスなどの自律神経の乱れや水分不足で起こることも往々にしてあります)、でも、「便秘です!」と言えば、まず疑われるのが「野菜ちゃんと摂取してますか?」ですから、日常的に気にかけておいて損はないと思います!

 

次に、ビタミン・ミネラルなどの栄養不足。

 野菜にはビタミンCをはじめ、カロテンや鉄分など、豊富な栄養素が詰まっています!

ご飯やお肉を食べれば腹持ち抜群です。でも、野菜も摂らないと、まさかの栄養失調になりかねません。

 

例えばブロッコリーにはビタミンCをはじめ、糖尿病の予防効果があるクロムやカルシウムが含まれています。ビタミンCについては、キャベツの4倍含まれているんだとか!

f:id:masyukou:20190818203216j:plain

ビタミンCは美容に大事な成分というのは多くの人が知っていると思いますが、それだけではなく、免疫力の向上・貧血の予防・壊血病の予防に効果があります!

 

ビタミンCは自身で生成できない栄養素なので外からの摂取に頼るしかなく、不足するとこれだけの不調に見舞われる恐れがあるので、随時取り入れなければならないものの1つです。

 

また、スーパーで安価に入手できて、なお日持ちもする人参

f:id:masyukou:20190818203314j:plain

 

人参もカロテン、カルシウム、ビタミンCを含んだ野菜です。

カロテンには免疫力の向上はもちろん、皮膚や粘膜を強くし、動脈硬化や癌に効果があります!

こうしてみると、人参、スーパーフード顔負けじゃないですか??

 

効率よく野菜を獲るなら、冷凍野菜!

 

単に野菜といっても、様々な個性があります。

その個性を上手く、満遍なく取り入れていく。これが、健康的な生活を送る上で重要になってくるんです!

 

でも最初に戻りますが、野菜、摂取するのが本当に大変ですよね。

すぐ腐っちゃうし、下処理(皮を剥いたり切ったり…)の必要があるし、そもそもいろんな野菜買ってたら食費だけでどれだけかかることやら…

 

そんな悩みを解決してくれるのが、冷凍野菜です!

 

冷凍野菜は、大別すると2つの種類があります。

一つ目は「自家製冷凍野菜」

二つ目は「購入冷凍野菜」。

冷凍されてるからって栄養素が落ちていることはありません!

むしろより増していることの方が多いんですよ?

 

文字通り、自家製は自分で生野菜を適当な大きさに切って冷凍庫で保管する方法。購入はスーパーで販売している冷凍野菜のこと。

 

自家製は産地がわかるし自分が下処理をしているので品質的にも安心安全。一方販売されている冷凍野菜は中国産などが多く、ちょっと不安なところがありますよね汗

ですが、販売されているものは業務用の冷凍庫で急速冷凍されています。

野菜そのままの鮮度を保ちつつ、栄養素も閉じ込めてくれているんです!

 

また、いくら中国製が不安だからといって避けるのもまた、損なことだと思います

 

そもそも、日本に輸入される食物というのは、大抵が日本側が安心安全な生産を指導して育てられたもの。更に、輸入される際、税関に必ず該当商品の検査データを提出して、承認されなければ日本に入ってくることすらできません。

適当なデータを提出して仮にそれが輸入国側で問題になった場合。書類捏造のペナルティで今後税関の目はより厳しくなりますし、賠償金を払わされる可能性だってあります。最悪、輸入業務すら出来なくなる可能性だってあります。そんな危ない橋を渡ろうとする企業はまずいないですよね…。

 

なので、中国製だからってそんなに怯える心配もないと思います!

買い物時の選択肢の一つとして加えてみてください。

 

話が少し脱線してしまいました汗

便利な冷凍野菜。

私のおすすめは、「根菜や葉物野菜は自家製冷凍、それ以外は冷凍野菜を購入する」です!

 

ましゅ公流野菜の使い方

 

まず、根菜は結構な日持ちがします

また、料理によって切り方や下準備が変わってきますよね。

そういう野菜は幅広い用途に対応するために、ちょっと手間はかかりますが自分で下処理をした方が便利です!

 

 たとえば、人参だと

・きんぴら用に細く切る

・カレー用に乱切り

・豚汁や鍋用にいちょう切り

 

大根だと

・すりおろし(ラップに小分けにすれば保存可能です!)

・いちょう切り

・短冊切り

・細切り

・ぶつ切り

 

ざっとあげるだけでも、それぞれこんなにも切り分けが思い浮かびます。

面倒ですが、これがあれば後が楽です!笑

 

葉物野菜、キャベツや白菜などは、自分で準備すると便利です!

最初は生で食べて、ちょっと鮮度が落ちたら適当に切ってジップロックに入れて冷凍!炒め物にも煮込みにも使えるので、本当に便利ですよ。

 

逆に、それ以外は私はほぼほぼ市販の冷凍野菜を購入しています!

よくリピートして購入するのが

ブロッコリー

・コーン

いんげん

・えだまめ

・ほうれん草(葉物ですが、これはあって損はない!)

・フライドポテト

・冷凍パプリカ

 こんなもんでしょうか。

 

ちょっと料理に彩りが欲しい時。

時短でご飯を作りたい時。

小腹が空いた時…

 

これらの冷凍野菜があれば速攻悩みが解決できます。

且つ栄養補給ができるなんて、一石二鳥です!

 

さらに、市販の冷凍野菜は値段変動の影響を受けにくいです。

生野菜なら、冷夏や長雨の影響で収穫高に影響が出れば、それに比例して値段も上がります。ですが、市販の冷凍野菜であれば、国外で生産していること、そしてたくさん生産して保存できる関係で値段があまり動きません。

 

お買い物の時もだいたいの値段を想定して購入リストを組めるので、なんとも家計に優しい存在です。

 

野菜を制するものは人生を制する

 

自家製冷凍野菜、市販の冷凍野菜、そして生野菜。

これら3種類の野菜を食事にうまく取り入れ、お手軽に野菜不足を解消していきましょう!

 

 

それでは!