ましゅ公と愉快な呟きたち

いろんなことについて書きなぐりたい。そして、それが誰かの役に立つといいなと夢想するブログ。

ましゅ公と愉快な呟きたち

【ただの宣言です】漢字検定準一級を受験することにしました!

 

どうも、ましゅ公です!

 

漢字検定準一級を受験することにした、30歳女

 

タイトルの通りなんですが…漢字検定準一級を受験することにしました!

直近の試験が10月にあるみたいなんですが、さすがに近すぎて嫌だったので、来年の1・2月に開催される回に申し込もうと思っております!

 

受験のきっかけは?

 

準一級を受けようと思ったのは、ただ単に漢字検定を受けたかったからです。

2級までは持ってるので、じゃあその次…ということで、準一級です。

 

漢字は元々好きだったのですが、準一級はさすがに受験しなくても良いでしょ、と思っていました。

常用漢字の範囲内で出題される2級までに対して、準一級からは常用漢字以外からも出題されます。

 

f:id:masyukou:20191014154738p:plain

f:id:masyukou:20191014154952p:plain
(日本漢字検定公式HPより)

 

「いや、日常生活で不便しないレベルでいいじゃん…」

とか思ってたので2級を取得して漢検はおしまーい!とか思ってたのですが、先日書店でたまたま漢検の参考書が平積みで置かれていて、懐かしさでちょっと立ち止まって表紙を眺めていたのですが、準一級の表紙から、なぜか熱烈なアプローチを受けました。

 

言葉にすると変。

ですが、その言葉の通りなんです。

めっちゃ表紙に惹かれたの。

なんの変哲もない、この表紙なんだけれども。

 

f:id:masyukou:20191014153553j:plain

 

平積みの中の、運命の出会い

 

成美堂のこの参考書。

 

気づいたらこの本を手にとって(しっかり一番上から2冊くらい下の本を取りました)レジへと直行していました。

 

謎な理由で買ってしまったこの一冊。

でも、買ってしまったからには受験しますよ!

じゃないと参考書が泣くと思うので。

 

まあ、あとはもし合格したら、ちょっとしたネタになるかなと思うのもまた受験理由のうちの一つです。

 

「えー、きもーい!」って言われて終わりになりそうな気もしますが笑

 

なんか短期間の間に編み物始めたり漢検受験したり忙しい女だなと思うかもしれません。私も自分何やってるんだろうとツッコミたい気分です。

 

ですが、やります。

やりましょう!

 

f:id:masyukou:20191014160300j:plain

 

そして、たまにブログで愚痴るかもしれませんが、その時は温かい目で無視していただけると幸いです。

また、多分瑣末な内容だと思うので、ブログではなくツイッターの方が罵詈雑言で大賑わいかもしれません。

 

合格したいな!

 

 

それでは!